読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分は本当にクリスチャンではないと言い切れるか?

三年前、下北沢のファーストキッチンで漫才の台本を書いていると、女子中学生2人組が僕の方を見ながらヒソヒソ話をし始めた。

 

「絶対そうだよ」

「え、でも違ったら恥ずかしいじゃん」

「間違いないって、話しかけようよ」

「でも違うかもしんないじゃん」

 

ついに来たと思った。

今日をもって私は芸能人となるのだと思った。

同期の仲間たちの顔が浮かぶ。

「ごめんな。一足先に行かせてもらうわ」

そんなことを考えてるのがバレないよう平静を装ってその時を待った。

 

「絶対そうだってば!」

「えー、違うかもしんないじゃん」

おさげの子が話しかけようとするのを

ショートカットの子が止めている。

 

ショートちゃん、止めなくていいんだよ

僕はエーデルワイス門田だよ

本人だよ

 

そんなやりとりに全く気づいてない相方は

「そろそろライブだからいこうか」

といって、上着を手にとった。

 

バカ野郎。

あの瞬間がもう目の前に来ているんだぞ。

芸能人になるための通過儀礼である「顔をさされる」の瞬間が。

 

あ、そういえばコイツ、前にテレビに出た時にバイトしてる牛丼屋で常連のキャバ嬢から「テレビでてたっしょ、ウケんね」と言われたことがあるんだった。

 

まさか、それをワンカウントとしてるのか?

もう通過儀礼をクリアした気になってるのか?

まだ顔をさされたことのない俺を見下してきたのか?

だからネタ考えないくせに壁側の背もたれフカフカの方のイスに座っているのか?

 

おい、ひょっとしておさげちゃんとショートちゃんの会話も聞こえてるのか!?

だから、これまで見下してきた俺が自分と同じ立場になるのを阻止しようとしてるのか!?

 

てめぇ、潰す!!!

 

怒りのあまり、以前占い師に洗脳されてしまった友達を説得しようとした僕に、その占い師が放った言葉が出てしまった。

 

きょとんとしている相方に僕は

「あとちょっとでいいネタ出そうなんだよね、だからもうちょっと書いてくわ」

と少し大きめの声で言った。

これはこちらを見ている二人に

”ちゃんと芸人だよ”

”君たちの思っている人であってるよ”

と伝えるという狙いもある。

華麗なるダブルミーニング

つくづく自分の才能が怖い。

 

才能=タレント

どうもタレントです

 

そんなタレントの優しい配慮に背中を押されたのか、おさげちゃんが意を決してこちらに近づいてきた。さっきまで不安な顔をしていたショートちゃんも期待に目を輝かせておさげちゃんを見つめている。

 

時は満ちた

 

僕が「そうだよ エーデルワイスだよ」と言うために口を「そ」の形にして待っているとおさげちゃんが僕の前まで来て言った。

 

「あの、、クリスチャンですか?」

 

予想外過ぎて、おさげちゃんの発した言葉はマンガの宇宙人のように全てカタカナで聞こえ、頭の中で全く文章にならなかった。

 

結果的にはほとんどカタカナで合ってたわけだけど。

 

「そ」の口で待っていた僕は「違います」と言うことができす「そう見えます?」という変な答え方をしてしまった。

謎のクリスチャン焦らし。

 

「だって、さっきからお祈りしてるから」

 

どうやら、組んだ手にアゴを乗せて、ぶつぶつと漫才のセリフを反復していた様子がお祈りをしているかのように見えたらしい。

 

「違うんだ。実は漫才の台本を書いててね」

 

僕は作戦を切り替えた。

今からでも僕がエーデルワイスという漫才師だということを知ってもらえば

エーデルワイスという漫才師を知っている

ファーストキッチンで声をかけた

という「顔さされ」を構成する二大要素が満たされるのだ。

大切なのは順番なんかではないということは数々のできちゃった婚夫婦が証明してくれている。

 

しかし、おさげちゃんは「違うんだ。まんざ・・・」くらいで「失礼しました!」と頭を下げて去っていった。

 

取り残された僕に相方は「クリスチャンなん?」と半笑いで語りかけてきた。

 

 

確かに神にすがりたい気分だ。

小悪魔の肩甲骨

整骨院に通っている。
猫背な僕は子供の頃から肩こりがひどく、小学2年生になる頃には教室のイスの背もたれで肩甲骨をグリグリ。
小学3年で肩こりという言葉を知ったときには「ああ、これは肩こりという現象だったのか」とスッキリしたほど。
今ではすっかり整骨院でモミモミバキバキしてもらわないとLINEポコポコの記録に影響が出る体になってしまった。

僕が通っている整骨院は3週間来院が無いと「お体の調子はいかがでしょうか?」というお手紙が来るようになっていて、
そんな手紙に誘われて約一ヶ月ぶりに整骨院に来院した。
施術が始まると整体師の先生の指がいつもより0.5関節分深く僕の体にめり込んで来た。
いつもの数倍気持ちいい。
僕は顔に掛けられたタオルの下でたびたび白眼をむきながら快楽の波に身を委ねた。
終わってみると驚くほど体が軽くなった。

これはどういうことか?
考えられる事は2つ
①一ヶ月ぶりだから疲れが溜まっていて気持ちよく感じた
②客が離れかけていると感じた整体師が本気を出した

①の場合、施術期間が空けば空くほど気持ち良さが増大する事になるわけで1番気持ちいいのは初めて整骨院に行った時ということになる。なんせ30年分のコリが溜まっているわけだから、昇天失神レベルの快感に襲われるはずだ。しかし初診時に松戸市内に僕の「はぬ~~ん!」という声が響き渡ったという記録は残っていない。
となるとこの気持ち良さの正体は②ということになる。
僕を逃したくない整体師さんが必死で「うちの施術こんだけ気持ちいいんだからまた前みたいに通ってね~」とサービスしてくれたというわけだ。
これでノコノコと前のようにハイペースで通い始めてしまっては向こうの「思うツボ」だ。
ここで「整骨院だけに(笑)」と付け足すのを我慢するために左足の爪を剥いだ事を白状しておく。

さてそんな「思うツボ」にならないためにはどうしたらいいか?
頻繁に通いつつ毎回本気を出してもらうには
この「もしかしたらうちの店来なくなっちゃうかも」という思いを利用してみよう。

診察券を出すときにはわざと財布をぶちまけ、ライバル整骨院の診察券を見せつけ嫉妬心を煽る。
施術が始まると他の整体師につけられた首筋の指圧跡を見せつけ、さらに心を揺さぶる。
バンからマッサージチェアの最大手フジ医療器のカタログをチラ見せするなどファッション面にも気を配る。

これらの小悪魔テクニックで整体師はきっと「骨抜き」になることだろう。
今度は右足の爪だ。

ストロングタイムの無い世界

バーゲンのときのアパレル店員さんや
やたら威勢の良いラーメン屋さんなど
「いらっしゃいませー!」を繰り返してるうちに
飽きてきてorトランス状態に入り
「らっしゃーせーーーい」

「るあっしゃーそーーーーん」
など言い方で遊び出し、それを回りの店員がクスクス笑い、誰が一番ひねった言い方ができるかみたいなノリが始まることがある。

「えー?そんなのみたことないよ?」
という方は速やかにあいのり桃ちゃんのブログにお戻りください。

ある。僕は何度も目にしたし、電気屋さんでアルバイトをしていたときは自分もやっていた。

僕はあれが大嫌いだ。
いらっしゃいませ感が無いばかりか、バカにされているような気分になる。
小学生の頃、日曜日に学校の前を通ると少年野球の練習試合が行われていて、飛び交うヤジの憎たらしさや品の無さに胸焼けした。
あのヤジを思い出させる。

ではあれを無くすにはどうしたらいいか。
あれを行っている彼らはそれを注意されたことがないのだろう。
あの現象に名前が無いからだ。
つまり名前さえつけてしまえばあの現象はこの世に姿を現し、注意することができるのだ。
仮にあの現象を「ストロングタイム」と名付けたとする。

すると店長は朝礼で
「えー、昨日の夕方頃、フロアのスタッフの何名かがストロングタイムに入ってました。当事者にはその場で注意しましたが、昨日入っていないスタッフやその場にいなかったスタッフの皆さんも、ST防止をもう一度徹底するようお願いします」
と言えるわけで
食べログにも
「名産の煮干しの良さを出しきり、地元愛をラーメンに落とし込もうという店主の気迫が感じられる一杯。ただ一点、カウンターの店員が少々ST気味だったのが残念」
と書けるわけで

次第にこの現象が起こりにくくなっていくんじゃないだろうか。